品質方針

東日本フーズ株式会社では、「お客様のニーズにマッチした製品を提供すること」を最重要方針としております。この最重要方針を達成するために、次の3つの点に重点を置き、小さなお子様からご高齢者まですべての方々に安心、信頼いただける企業を目指しております。 

 

 ► 安全面、衛生的に優れ、安心できる製品
 ► 素材本来の味と特性を生かした製品
 ► 品質の安定した製品 

 

品質マネジメントシステム

ISO9001:2015, HACCP&GMPの認証取得

 

「安全面、衛生的に優れ、安心できる製品」、「素材本来の味と特性を生かした製品」、「品質の安定した製品」の3つを品質方針として掲げ、安心・信頼いただける企業を目指しております。平成16年5月にISO 9001を認証取得して品質の安定した商品作りを進めて参りましたが、今日海外で拡大している日本食市場への輸出に取り組む事と同時に、国内のお取引先様への更なる信頼度を高めることを目的として、BSI HACCP & GMPの認証取得を目指しました。

 

組織的なプロセスアプローチ及び、成果を出すことの重要性について、全社、そして一個人まで深く理解し行動し、 今後も さらなる品質管理とお客様にご満足いただける高品質な製品・サービスのご提供を目指してまいります。

 

 

 

◆ 2018年5月24日 PRTIMES 国内初!BSIジャパン、東日本フーズ株式会社にBSI HACCP &GMPを認証

 

 

BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、また、ISOの設立メンバーとして活動する規格策定のプロフェッショナルです。現在、180カ国で81,000組織以上のお客様の活動に貢献しています。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO 9001(品質マネジメントシステム)、ISO 14001(環境マネジメントシステム)、ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇ります。

BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人です。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供しています。マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に約60社ある認証機関の中で、最も多くの規格の認証サービスを提供している認証機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする認証機関です。

URL: www.bsigroup.com/ja-JP/